第342回 「伊藤公象作品集刊行記念展―ソラリスの襞」
会期=2022年6月3日(金)〜6月12日(日) 11:00-19:00
※会期中無休
協力:ARTS ISOZAKI


※画像をクリックすると拡大して表示されます。


1932年に金沢の彫金家の長男として生まれた伊藤公象は、10代のころ陶芸家に弟子入りしますが、その後、伝統的な陶芸の世界から飛躍し、陶を使って現代の表現を追求してきました。あるときは土を凍らせ、あるときは乾燥による土の収縮や亀裂をも創作に取り入れ、自然現象を生かした独自の表現は早くから注目され、1978年にはインド・トリエンナーレ、1984年にはヴェネチア・ビエンナーレに日本代表として参加し、国際的にも高い評価を獲得しました。90歳を迎えた今も土の造形のパイオニアとして、笠間のアトリエで精力的な制作を続けています。
クラウドファンディングで多くの方にご支援をいただき、半世紀に及ぶ活動の軌跡をまとめた伊藤公象作品集が6月に刊行されます(企画代表:磯崎寛也、監修:小泉晋弥、デザイン:林頌介、発行・編集:ときの忘れもの)。本展は、刊行を記念して、新作のドローイングやコラージュ、陶作品のインスタレーション《pearl blueの襞−空へ・ソラから》など展示します。

初日6月3日(金)11時〜は作家が在廊します。



「ソラリスの襞」について

本展は、伊藤公象の半世紀にわたるインスタレーションを一望に収める作品集『伊藤公象 ITO KOSHO』の出版記念として企画された。伊藤の作品の特色である、エロス(生命)の発現を体験していただくために、屋外インスタレーション《pearl blueの襞—空へ・ソラから》のほか、《pearl pinkの襞》、《回帰記憶》そして新作ドローイングを展示する。
作品集のためにクラウドファンディングが企画され、目標を大きく上回る賛同を得られた。そのプロジェクトのひとつとして、水戸市のARTS ISOZAKIで「ソラリスの海《回帰記憶》のなかで—伊藤公象」展(2021年9月〜2022年3月)が開催され高く評価された。そこで発表された《回帰記憶》は、作家活動のドキュメントをシュレッダーにかけ、過去の記録を現在の作品中に昇華させるという、これまでにない制作方法によって新境地を開いたものだった。この会期中に九十歳の卒寿を向えた伊藤公象の制作意欲は驚くほど旺盛で、このプロジェクトの間に、ARTS ISOZAKIのオーナーであり、六月に詩人としてデヴューする予定の磯崎寛也の詩画集『ソラリスの襞』のために、斬新なドローイングを制作し参画している。
本展「ソラリスの襞」は、その詩画集のタイトルにちなんだもので、「ソラリス」とは、《回帰記憶》の命名に際し参照したポーランドのSF作家レムの小説『ソラリス』から引用したものだ。この小説では、ジェル状の海によって人間の記憶が物質化され、生命が吹き込まれる様子が書かれている。シュレッダー片を泥漿と混ぜ合わせて制作された《回帰記憶》は、ソラリスの海のように、見る者の記憶を活性化させる。伊藤の作品は、その初期から内部と外部を折り畳む粘土の「襞」が特徴的だった。伊藤は、そこにエロス(生命)と物質が混じり合う様を感じていた。この展覧会タイトルは、伊藤の作品そのもののように、作者と様々な他者を折り畳んで形成されている。観覧者もその襞の一部となって、作品に折り畳まれる鑑賞体験が期待される。

小泉晋弥



【ステートメント】

「ときの忘れもの」での個展のタイトル「ソラリスの襞」は、詩人hiroya(磯崎寛也氏)の初詩集のタイトルを共有した。
ARTS ISOZAKIでの個展「ソラリスの海《回帰記憶》のなかで」(昨年9月から今年3月までの長期開催)のタイトルは小泉晋弥氏の発案で、約50年間のぼくの「襞」を根底にした作品を俯瞰されたのだと思う。個展開催に際し、惑星ソラリスから降り注ぐ襞のコンセプトを磯崎氏も共感され、会期中磯崎氏から幾度となく詩が届けられた。そして詩集を出すのでドローイングを描いて欲しい、とお話があった。ドローイングと言えば、かつて金沢美術工芸大学大学院の専任担当時、芸術学領域の小松崎拓男教授の企画で同大学主催の個展をしたとき、“伊藤さんのドローイングを見たい”と言われたのを思い出した。興味があったので “やってみたいですね” とは言ったものの、独学の身でデッサンの経験がない。しかしドローイングとは何か?と思索していたし、長年土を素材にしてきたからか、紙と土で独自なモノをと思い立った。出品したド ローイングやコラージュは襞の概念を基に拍車が掛かった。作り出すと面白くて止まらない。夢中で製作に没頭した。「ときの忘れもの」はコンクリートの壁面が多い独特な展示スペースを持つので、壁面を主体にした展示には魅力がある。と同時に展示スペース全体を独自な空間にするインスタレーションの感覚は消せない。新たな作品を発表する。
「ときの忘れもの」のメルマガに故、瀧口修造氏をはじめ著名な詩人、建築家、美術関係者が登場する。歴史有る「場」での個展で、土を主な素材にした50年の作品集の出版記念展「ソラリスの襞」をぜひご高覧いただきたい。

伊藤公象


参考図版《pearl blueの襞》
撮影:大谷健二
提供:ARTS ISOZAKI



伊藤公象 ITO Kosho (b.1932)
石川県金沢市に生まれる。1972年茨城県笠間市に伊藤知香と現伊藤アトリエを設立。1997年女子美術大学教授、同大学院教授(1999年定年及び満期退職)。2002年金沢美術工芸大学大学院専任教授(2009年任期満了退職。現在、金沢美術工芸大学大学院 名誉客員教授)。
主な活動として、1978年「インド・トリエンナーレ」日本代表として参加し、ゴールドメダル受賞。1984年「ヴェネチア・ビエンナーレ」に日本代表として参加。1985年伊藤公象企画の野外展示会「'85 涸沼・土の光景」(茨城県涸沼湖畔にて)をプロデュースし、「瀬戸内国際」や「越後妻有」等、大規模な野外国際芸術祭のルーツと評価される。2002年英国国立テート・ギャラリーのセント・アイビス美術館にて個展「ウイルス−地の襞、海襞」開催。2009年「伊藤公象 WORKS 1974〜2009」展(茨城県陶芸美術館、東京都現代美術館の巡回展)2016年「KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭」に参加。穂積家住宅の庭園にて多軟面体のインスタレーションを披露。2018年新潟県「水と土の芸術祭2018」に参加、メイン会場にてインスタレーション「地表の襞 エロスとタナトスの迫間」を展示。現在も笠間の伊藤アトリエで精力的に制作活動を行う。





見積り請求(在庫確認)フォーム
作家名:
作品名、製作年、技法等:

お名前:
郵便番号:
ご住所:
E-mail:
電話番号:
御質問、御興味のある作家、お探しになっている作品等ございましたら御記入下さい


在庫確認後、お返事させていただきます。