草間彌生

◆略歴
草間彌生(くさま やよい)   

1929年 長野県松本市に生まれる。10歳の頃より水玉と網模様をモチーフに絵を描き始め、水彩、パステル、油彩などを使った幻想的な絵画を制作。
1941年 長野県立松本第一高等女学校入学。
1949年 京都市立美術工芸学校卒業。
1957年 渡米、シアトルに住む。巨大な平面作品、ソフトスカルプチャー、鏡や電飾を使った環境彫刻を発表する。
1960年代後半 ボディペインティング、ファッションショー、反戦運動など多数のハプニングを行う。また、映画制作や新聞の発行などメディアを使った表現にも着手する。
1968年 自作自演の映画「草間の自己消滅」が第4回ベルギー国際短編映画祭に入賞、第2回アン・アーバー映画祭で銀賞を受賞。この頃よりヨーロッパ各国で展覧会、ハプニングを行う。
1975年 帰国。美術作品の制作発表を続けながら、小説、詩集を多数発表。
1982年 初の回顧展、草間彌生展 Obsession(東京・フジテレビギャラリー)が開催。
1983年 小説『クリストファー男娼窟』が第10回野生時代新人賞を受賞。
1986年 草間彌生展(フランス カレー美術館、ドール市立美術館)
1989年 Yayoi Kusama A Retrospective(草間彌生回顧展 ニューヨーク国際現代美術センター)In Context: Yayoi Kusama, Soul-Burning(イン・コンテクスト―草間彌生、熱き魂の輝き イギリス・オックスフォード近代美術館)
1992年 草間彌生―はじける宇宙(東京・草月美術館)
1993年 第45回ヴェネツィア・ビエンナーレ日本館で草間彌生展。
1994年 福岡美術館、福岡健康センター、ベネッセ・アイランド直島文化村に野外彫刻を制作。リスボンの地下鉄通路に壁画を制作。
1996年 ニューヨークのギャラリーでの個展を中心に活動。
     Yayoi Kusama: The 1950s and 1960s(ポーラ・クーパー・ギャラリー)が、国際美術評論家連盟より「1995-96年の最高の画廊展」と賞される。
1998〜99年 ロスアンゼルス・カウンティ美術館、ニューヨーク近代美術館、ウォルカー・アートセンター、東京都現代美術館に個展巡回。
2000年3月 ピース・ユニーク・ギャラリー(パリ)で個展。
     4月 ビクトリア・ミロ・ギャラリー(ロンドン)で個展。
     5月 シドニー・ビエンナーレに参加。

◎パブリック・コレクション
ニューヨーク近代美術館、ホイットニー美術館、ブルックリン美術館、ロスアンゼルス・カウンティ美術館、ポンピドーセンター、ステデリック美術館、台北市立美術館、東京国立近代美術館、京都国立近代美術館、国立国際美術館、東京現代美術館 他多数


草間作品購入ページ
W182〜186 草間彌生 シルクスクリーン「朝が来た」
W187〜191 草間彌生 シルクスクリーン「夜に読む本」

kuda001 草間彌生「果物かご(1)」
kuda002 草間彌生「果物かご(2)」
kuda003 草間彌生「果物かご(3)」
kuda004 草間彌生「果物かご(4)」
kuda005 草間彌生「果物かご(5)」


ku050211 草間彌生全版画集 1979〜2004 作品特装本

W112 草間彌生(くさま やよい)「南瓜B」
W113 草間彌生(くさま やよい)「無限の網B」

B001 草間彌生版画集
B002 PHAIDON 草間彌生画集



主な作品
購入ページへ 購入ページへ

W182〜186 草間彌生 シルクスクリーン「朝が来た」
W187〜191 草間彌生 シルクスクリーン「夜に読む本」

   

   

  

    

   



【TOP PAGE】