◆細江英公写真展
会期=2017年10月31日[火]―11月25日[土]  11:00-18:00 ※日・月・祝日休廊



〈鎌鼬〉〈薔薇刑〉〈ガウディ〉〈抱擁〉〈春本・浮世絵うつし〉など、細江英公の1960〜2000年代の代表作約20点を展示します。

●オープニングのご案内
初日10月31日(火)16時より、オープニングを開催します。
予約不要、どなたでもご参加いただけます。

●ギャラリートークのご案内
11月8日(水)18時より、講師に飯沢耕太郎さんを迎えてギャラリートークを開催します(要予約/参加費1,000円)。
必ず「件名」「お名前」「連絡先(住所)」を明記の上、メールにてお申し込みください。
定員(20名)に達し次第、締切ります。
E-mail. info@tokinowasuremono.com
*定員に達したためお申込み受付を締め切りました。

*ご予約は、必ずメールにてお願いいたします。twitterやfacebookのメッセージでは受け付けておりません。当方からの「予約受付」の返信を以ってご予約完了となりますので、返信が無い場合は恐れ入りますがご連絡ください。


■細江英公 Eikoh HOSOE(1933-)
建写真家。清里フォトアートミュージアム館長。1933年山形県生まれ。本名・敏廣。18歳のときに[富士フォトコンテスト学生の部]で最高賞を受賞し、写真家を志す。52年東京写真短期大学(現東京工芸大学)入学。デモクラート美術家協会の瑛九と出会い強い影響を受ける。54年卒業。56年小西六ギャラリーで初個展。63年三島由紀夫をモデルに撮った[薔薇刑]で評価を確立し、70年[鎌鼬(かまいたち)]で芸術選奨文部大臣賞受賞。2010年文化功労者。日本を代表する写真家として、国際的にも高い評価を受ける。


<細江英公写真展>展出品リスト 2017年10月31日[火]―11月25日[土]
*クリックすると拡大します。




展示風景


見積り請求(在庫確認)フォーム

ご購入希望No.  作家名  題名など

お名前:
郵便番号:
ご住所
E-mail
電話番号
御質問、御興味のある作家、お探しになっている作品等ございましたら御記入下さい


在庫確認後、お返事させていただきます。