*毎日更新中

ときの忘れものアーカイブより
野口琢郎展
2014年12月16日[火]―12月27日[土]


◆安藤忠雄展 ドローイングと版画

会期=2017年9月26日[火]―10月21日[土] 11:00~18:00
※日・月・祝日休廊

9月27日~12月18日まで六本木の国立新美術館で「安藤忠雄展―挑戦―」が開催されます。
ときの忘れものでは初期大作《中之島プロジェクト》をはじめ、ドローイングや版画など代表作15点を展示します。



◆イベントのご案内

●10月27日(金)18時より
中尾拓哉ギャラリートーク
<マルセル・デュシャン、語録とチェス>
*要予約:参加費1,000円

●10月31日(火)16時より
細江英公写真展オープニング
代表作を展示、細江先生を囲んでのレセプションはどなたでもご参加できます。

●11月8日(水)18時より
飯沢耕太郎ギャラリートーク
<細江英公の世界(仮)>
*要予約:参加費1,000円

●11月16日(木)18時より
植田実・今村創平ギャラリートーク
<ジャパンネスのこと、都市住宅のこと>
現在フランスのポンピドーセンター・メスにて開催中の展覧会「ジャパンネス:19465年以降の建築と都市」の報告をするとともに、建築展覧会のあり方、建築の表現についてお話をします。また、同展にてフォーカスされた建築雑誌『都市住宅』について、同展での展示の狙いなど、同誌の元編集長植田実さんとお話しします。(今村創平)
*要予約:参加費1,000円

ギャラリートークは、必ず「件名」「お名前」「連絡先(住所)」を明記の上、メールにてお申し込みください。

E-mail: info@tokinowasuremono.com

*ご予約は、必ずメールにてお願いいたします。twitterやfacebookのメッセージでは受け付けておりません。当方からの「予約受付」の返信を以ってご予約完了となりますので、返信が無い場合は恐れ入りますがご連絡ください。



◆今週の特集展示:瀧口修造とマルセル・デュシャン

会期=2017年10月24日[火]―10月28日[土] 11:00~18:00
※日・月・祝日休廊



◆細江英公写真展

会期=2017年10月31日[火]―11月25日[土] 11:00~18:00
※日・月・祝日休廊

〈鎌鼬〉〈薔薇刑〉〈ガウディ〉〈抱擁〉〈春本・浮世絵うつし〉など、細江英公の1960~2000年代の代表作約20点を展示します。


● ときの忘れものは青山を引き払い駒込に移転しました。

詳しくは6月5日及び6月16日のブログをご覧ください。



〒113-0021
東京都文京区本駒込5-4-1 LAS CASAS
TEL: 03-6902-9530、FAX: 03-6902-9531 
営業時間=火曜~土曜の平日11時~18時。
日・月・祝日は休廊。
JR及び地下鉄南北線の駒込駅南口から徒歩約10分、名勝六義園の正門からほど近く、東洋文庫から直ぐの場所です。







関根伸夫 Nobuo SEKINE
《Phase of Nothingness-Skin 6》






関根伸夫 Nobuo SEKINE
《Phase of Nothingness-Skin 10》






ときの忘れもの/(有)ワタヌキ  
〒113-0021 東京都文京区本駒込5-4-1 LAS CASAS
Tel 03-6902-9530  Fax 03-6902-9531
E-mail: info@tokinowasuremono.com
http://www.tokinowasuremono.com
Copyright © 2016. All rights reserved.