ときの忘れもの ギャラリー 版画
ウェブを検索 サイト内を検索
   

松本竣介

Shunsuke MATSUMOTO

1912年東京に生まれ、岩手で過ごす。聴力を失い、画家を志す。上京し、太平洋画会研究所選科に通う。結婚して松本姓(旧姓・佐藤)となり、アトリエを綜合工房と名付け、妻・禎子と月刊誌『雑記帳』を創刊。

43年に靉光や麻生三郎、寺田政明ら同志8名で新人画会を結成(第3回展まで開催)。47年自由美術家協会に参加。1948年、歿。

 

<全2ページ> 前のページ 1 2

 

◆松本竣介 年譜
1912年(明治45年) 4月19日、東京府豊多摩郡渋谷町大字青山北町7丁目27番地(現在の渋谷区渋谷1丁目6番1号)に佐藤勝身とハナの次男・佐藤俊介として生まれる。
1914年(大正3年) 2歳 父・勝身の林檎酒醸造の事業参画に伴い、一家で岩手県稗貫郡花巻川口町大字里川口第13地割170番地(現在の花巻市南川原町)に移る。後に、花巻川口町館町(現在の花巻市花城町一区)に移る。
1919年(大正8年) 7歳 4月、花巻川口町立花城尋常高等小学校(現在の花巻市立花巻小学校)に入学。
1922年(大正11年) 10歳 3月、父の関係した貯蓄銀行開設にともない、一家は郷里の盛岡市紺屋町に移る。
4月、岩手県師範学校附属小学校(現在の岩手大学教育学部附属小学校)に転校。
1925年(大正14年) 13歳 3月、附属小学校を卒業。
4月、岩手県立盛岡中学校(現在の盛岡第一高等学校)に入学。のちの彫刻家舟越保武と同学年。 入学直後、流行性脳脊髄膜炎にかかり、聴覚を失う。
1926年
(大正15年・昭和元年) 14歳
10月2日から再登校、中学1年生を繰り返す。
この頃、大正12年に設置された測候所下の、岩手郡浅岸村大字新庄第4地割字山王33番地(現在の盛岡市山王町)に移る。
1927年(昭和2年) 15歳 春、父・勝身から写真道具一式を贈られる。
3歳違いの兄・彬は、友人・古澤行夫(のちの漫画家・岸丈夫)のすすめにより、油彩道具一式を買い竣介に贈る。
6月から8月にかけて、《山王風景》や《山王山風景》を描く。
この頃、盛岡中学校の弓術倶楽部に属し、部活動に励む。
1928年(昭和3年) 16歳 春、盛岡中学校に絵画倶楽部が創立され、入部する。
12月17日、岩手日報に投稿した詩「天に続く道」が掲載される。画業に専心することを決めた心情を述べる。
1929年(昭和4年) 17歳 3月、中学3年を修了して間もなく、盛岡中学校を中退する。
4月、兄・彬の東京外国語学校ドイツ語部入学を機に、母・ハナに付き添われて上京、現在の豊島区西池袋に住む。
太平洋画会研究所選科に入り、鶴田吾郎、阿以田治修などに指導を受ける。
1931年(昭和6年) 19歳 6月、石田新一、薗田猛、勝本勝義、田尻稲四郎らと太平洋近代芸術研究会を結成する。麻生三郎、寺田政明も参加。太平洋近代芸術研究会の研究会誌『線』を発行する。誌名は竣介が命名。
9月14日、会誌『線』第2号を発行し、同号で廃刊となる。
北豊島郡長崎町字並木1336番地(現在の豊島区長崎1丁目20番地)に転居。
この頃から谷中にある茶房リリオムに仲間たちと通い始める。
この頃、父・勝身が谷口雅春の主唱した「生長の家」の運動に傾倒し始め、兄・彬、竣介にも影響を与える。
1932年(昭和7年) 20歳 4月、太平洋近代芸術研究会の中心メンバーとともに赤荳会を結成。北豊島郡長崎町北荒井(現在の豊島区要町1丁目)の雀ヶ丘に貸しアトリエを共同で借り研究所とする。
この頃、靉光との交流も始まる。
5月8日、兵役免除を受ける。
9月頃、赤荳会内で衝突があり、会が解散する。解散後も、仲間はリリオムに集い、交流は続く。鶴岡政男、難波田龍起、麻生、寺田らも集まる。
1933年(昭和8年) 21歳 4月、第5回北斗会美術展に《肖像》など5点を出品。
8月、兄・彬が「生長の家」の機関誌『生命の芸術』の創刊に携わる。竣介も10月から1936年10月の最終号まで「でつさん」「人間風景」等の文章や挿絵を寄稿し、編集にも携わる。
1934年(昭和9) 22歳 2月4日、慶應義塾大学予科英文学教授の松本肇(後の夫人・禎子の父)死去。肇は生前『生命の芸術』を通して兄・彬と交流があったことから、この時、肇の次女・禎子を知る。
6月、第6回北斗会美術展に《風景A》など3点を出品。
夏、「生長の家」の出版物を販売する「光明思想普及会」設立に際して、父・勝身と母・ハナが上京し、一家は渋谷区原宿2丁目170番地8号(現在の渋谷区神宮前3丁目14-15番地)に移る。竣介も光明思想普及会の宣伝広告や編集の仕事を手伝う。
12月、NOVA美術協会の機関誌『NOVA』第2号に「画室の覚え書き」を寄稿。
鶴岡、難波田らとの交友を深める。
1935年(昭和10年) 23歳 1月、第5回NOVA美術協会展に《並木道》など3点を出品し、同人となる。『NOVA』第3号にも「画室の覚え書き」を寄稿。
9月、第22回二科展に《建物》を出品し、初入選を果たす。
1936年(昭和11年) 24歳 1月、第6回NOVA美術協会展に《洋館》とデッサンなど15点を出品。
2月3 日、松本禎子と結婚し、戸主として松本家に入籍、松本姓となる。淀橋区下落合4丁目(現在の新宿区中井)に新居を構え、義母・恒、義妹の泰子、栄子と同居する。
この頃、自宅のアトリエを「綜合工房」と名づける。
9月、光明思想普及会から退く。
同月、第23回二科展に《赤い建物》を出品。
10月、『生命の芸術』が10月号で廃刊となる。高見順、佐藤春夫、高村光太郎、長谷川利行、福沢一郎、靉光、麻生ら多くの作家、画家が随筆や素描を寄稿する。
同月、以前から禎子と構想を温めていた月刊の随筆雑誌『雑記帳』を創刊。発行所はアトリエ「綜合工房」。同誌には林芙美子、萩原朔太郎、高村光太郎らが文章を、藤田嗣治、福沢一郎、鶴岡らが素描を寄せ、原奎一郎は経済的にも援助する。また、自ら「雑記帳」等の文章や素描を手掛ける。
1937年(昭和12年) 25歳 1月、第7回NOVA美術協会展に《有楽町駅付近》や《婦人像》など21点を出品。
4月4日、長男・晉が誕生するも、翌日、死去する。
9月、第24回二科展に《郊外》を出品。
11月、赤荳会およびリリオムのメンバーと共に、黒豆会を結成し、毎月会合を開く。
12月、『雑記帳』を第14号をもって廃刊する。
1938年(昭和13年) 26歳 この年の前半に、柳瀬正夢『無産階級の画家ゲオルゲ・グロッス』(鉄塔書院、1929年刊)から人物像を模写し、研究する。
9月、第25回二科展に《街》《落合風景》の2点を出品。
1939年(昭和14年) 27歳 2月、第7回フォルム展に《建物》など5点を出品。
7月13日、次男・莞が誕生する。
9月、第26回二科展に《序説》を出品。
11月、第1回六藝会展に《夕方》を出品。
1940年(昭和15年) 28歳 3月、第2回九室会展に《N駅近く》《黒い花》の2点を出品、以後会員になる。
8月、第27回二科展に《お濠端》《都会》を出品し、特待を受ける。
10月、銀座・日動画廊で初個展となる松本俊介個展を開催し、30点を出品。
同月、紀元二千六百年奉祝美術展の第2部西洋画に《街にて》を出品。
1941年(昭和16年) 29歳 3月、『みづゑ』1月号に掲載された座談会記事「国防国家と美術」に反論し投稿した「生きてゐる画家」が同誌4月号に掲載される。
5月、盛岡で松本俊介・舟越保武ニ人展を開催し、《横浜風景》など30点を出品。
8月、第1回岩手美術連盟東京展に《盛岡風景》を出品(のち同展は盛岡へ巡回)。
9月、第28回二科展に《顔(自画像)》《画家の像》を出品、会友になる。
1942年(昭和17年) 30歳 2月、日動画廊で松本俊介第2回個人展を開催し、《議事堂のある風景》など35点を出品。
9月、第29回二科展に《立てる像》《小児像》の2点を出品。
10月、盛岡で澤田哲郎・舟越保武・松本俊介三人展を開催し、10点を出品。
この年、花巻時代の友人・砂賀光一の紹介で池袋の「レディ美容室」、蒲田の喫茶店「ブルーハワイ」、巣鴨のクラブ「世紀の翼」、五反田の「バー・ゴールドウィン」等の壁画制作の仕事をする。
1943年(昭和18年) 31歳 4月、麻生、靉光、寺田、鶴岡、大野五郎、糸園和三郎、井上長三郎と新人画会を結成し、第1回展に《鉄橋附近》など5点を出品。
9月、第30回二科展に《三人》を出品。
11月、第2回新人画会展に《並木道》などを出品。
1944年(昭和19年) 32歳 この頃、初めて「俊」から「竣」へサインの文字が変えられている。父・勝身のすすめであるという。
2月3日、理研科学映画(豊島区西巣鴨)に第三製作部描画課員として勤務、後に動画課へ移る。
5月9日、召集を受けた靉光の壮行会に出席。
9月、第3回新人画会展に《りんご》などを出品。
1945年(昭和20年) 33歳 3月下旬、空襲が激しくなり、家族を島根県松江市に疎開させ、義妹・栄子とアトリエに残る。
同月、空襲により、理研科学映画は神奈川県大船に移る。
4月、長女・洋子が誕生する。
9月、前月の終戦を受けて理研科学映画が解散する。
同月、盛岡出身の友人・池田平吾の経営する中学通信教育の会社、育英社を手伝う。
11月、盛岡で松本竣介・舟越保武ニ人展を開催し、《りんご》など数点を出品。
1946年(昭和21年) 34歳 1月、美術家組合を提唱する「全日本美術家に諮る」と題する文章を自費で印刷し、画家や知識人に郵送。
2月1日から育英社に毎日勤務するようになる。
3月、『美術』第3巻第3号に「全日本美術家組合の提唱」が掲載される。
4月21日、日本美術会の創立に参加。
11月、日動画廊で松本竣介・麻生三郎・舟越保武三人展を開催し、《少年像》など20点を出品。
同年から翌年にかけて、小川未明、林芙美子らの著書や雑誌の装幀、挿絵を手掛ける。
1947年(昭和22年) 35歳 1月、家族が疎開先から帰京。
同月、新人画会の麻生、鶴岡、井上と自由美術家協会に参加、会員になる。
6月、第1回美術団体連合展に《少女》など3点を出品。
7月、第11回自由美術家協会展に《人》《パイプ》など5点を出品。
10月、岐阜で松本竣介・麻生三郎二人展(舟越保武も出品)を開催。
同月、長女・洋子死去。
12月、育英社が解散。
同月、風邪をこじらせクルップ性肺炎にかかり、体調を崩す。
1948年(昭和23年) 36歳 2月、自由美術会員新作展に出品。
同月、次女・京子が誕生する。
5月、高熱をおして、絶筆《彫刻と女》《建物》《建物》の3点を完成させ、第2回美術団体連合展に出品。
6月8日、持病の気管支喘息による心臓衰弱のため自宅で死去。法名「浄真院釈竣亮居士」。
現在、島根県松江市奥谷町の真光寺に、妻・禎子(2011年11月死去)とともに眠る。


見積り請求(在庫確認)フォーム

ご購入希望No.  作家名  題名など

お名前:
郵便番号:
ご住所
E-mail
電話番号
御質問、御興味のある作家、お探しになっている作品等ございましたら御記入下さい


  在庫確認後、お返事させていただきます。




展覧会
2012年
第231回) 松本竣介展 前期:2012年12月14日〜12月29日/後期:2013年1月9日〜1月19日


2009年
第171回) 第19回瑛九展〜時を超えて  2009年2月6日〜2月28日



<全2ページ> 前のページ 1 2

ときの忘れもの/(有)ワタヌキ  〒113-0021 東京都文京区本駒込5-4-1 LAS CASAS
Tel 03-6902-9530  Fax 03-6902-9531
E-mail:info@tokinowasuremono.com
http://www.tokinowasuremono.com/

営業時間は、11:00〜18:00、日曜、月曜、祝日は休廊
資料・カタログ・展覧会のお知らせ等、ご希望の方は、e-mail もしくはお気軽にお電話でお問い合わせ下さい。
Copyright(c)2005 TOKI-NO-WASUREMONO/WATANUKI  INC. All rights reserved.