ときの忘れもの ギャラリー 版画
ウェブを検索 サイト内を検索
   



瑛九 Q Ei
《作品》
1936〜39年頃
フォトデッサン
30.3×25.2cm
サインあり

◆1936年(昭和11年)、カメラを使わず、印画紙に直接光をあてて感光させた作品をひっさげて故郷宮崎から上京した25歳の杉田秀夫は、その印画紙作品に驚嘆した久保貞次郎や外山卯三郎の薦めで、その作品を《フォトデッサン》と名づけ、自らの名前も《瑛九》と名乗ります。画家《瑛九》の誕生です。
<光のデッサン>は瑛九の生涯のテーマとなりました。同時代のマン・レイ(レイヨグラフ)や、ラスロ・モホリ=ナジ(フォトグラム)らと比肩する水準の高さはもっともっと評価されていいでしょう。
後年になると型紙などを使った作例が多いのですが、この作品は植物の葉などを利用した幻想的な作品で、典型的な初期の作品です。

瑛九については、《画廊主のエッセイ》で論じていますのでお読みください。

瑛九
《作品》
詳しくはお問い合わせ下さい

瑛九のページへ

お気軽にお問い合わせ下さい
 

ときの忘れもの/(有)ワタヌキ  〒113-0021 東京都文京区本駒込5-4-1 LAS CASAS
Tel 03-6902-9530  Fax 03-6902-9531
E-mail:info@tokinowasuremono.com
http://www.tokinowasuremono.com/

営業時間は、11:00〜18:00、日曜、月曜、祝日は休廊
資料・カタログ・展覧会のお知らせ等、ご希望の方は、e-mail もしくはお気軽にお電話でお問い合わせ下さい。
Copyright(c)2008 TOKI-NO-WASUREMONO/WATANUKI  INC. All rights reserved.